98%の人が知らなかった火災保険の補償内容!火災以外の災害で保険金が受け取れる知識の実態調査。

  • 2020年11月17日
  • 7View
  • 0件
CJトラスト株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:丸山英男)は、2015年より火災保険の申請コンサルティングを行なうことで、お客様が受け取った保険金額が累計711,621,988円(2020年10月31日時点)となる業界のリーディングカンパニーです。
 この度CJトラスト社では、お客様に火災保険の補償内容のコンサルティングを行うなかで、お客様ご自身がご加入されている火災保険の補償内容の知識の実態を調査いたしました。
1000件を超えるお客様の中から、一軒家の家主様、ホテルや旅館の経営者様、マンションオーナー様など任意の抽出で218名からの回答を基に集計致しました。
※アンケート集計期間:2020年9月1日~10月30日

その結果、実に98%の方が風災や雪災、外部からの衝突などの災害で保険金申請が出来ることを知らないことがわかりました。

知らないと答えた理由の大半が、
「契約時に保険会社若しくは、保険代理店からの説明が無かった。」
というもので、お客様ご自身も契約時点で気にされることは、支払う保険料であったことから、保険料の調整のために契約者にとって有用な特約を説明がなく無されていたり、免責金額設定について保険会社若しくは、保険代理店が保険料から逆算して契約者が知らずに設定していたり、建物取得額の一部しか保険に加入していることを契約者が知らないなど、説明不足の実態が分かります。

火事以外の補償についても、詳細に説明されておらず、補償内容の説明については、具体的な事故事例をあげるなど、契約者にわかりやすい説明が求められます。
 
CJトラストでは、これまで業界に先駆けて完全成功報酬の料金体系や、ドローンを活用して屋根瓦や屋上設備の破損など、人目で調査が困難だった損害箇所を正確に発見することで、業界をけん引してきました。

一方で損害保険金の支払いについて、保険会社の一方的な査定や日本損害保険協会の鑑定人制度について、保険会社に有利な査定をすることに疑義を唱え、契約者の権利を守る意義を訴えてきました。

今後もCJトラストでは、お客様に保険の知識を正しく身につけて頂き、正当な保険金が受け取れるようにコンサルティングサービスを行って参ります。

■CJトラスト株式会社について
少しでも多くの方に金融の正しい知識と方法を広げたい。知っている人と知らない人の情報と富の格差を無くしてゆきたい、という理念の基、業界に先駆けて完全成功報酬の価格設定やドローンを活用した正確な調査をおこなう損害調査会社です。
会社名:CJトラスト株式会社
所在地:東京都日野市富士町1-31
代表取締役:丸山 英男
TEL:050-5577-9784
URL:https://cj-trust.co.jp/ 

本プレスリリース関するお問い合わせは、kanri@cj-trust.co.jp 担当:末田宛てにお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!